まずは精神の安寧を

2020/05/25

 

月末を待たず全国の緊急事態宣言が解除されました。
明日から急にお仕事の依頼がバンバン来て忙しくなる…というわけもないのに、自分の抱えたいくつかの物事が全て中途半端になったままの気がして落ち着かず、工房にこもっても上手に集中ができない感じ…。 お茶でも飲んでちょっと落ち着きましょうかね。
今日のメインはパッションフラワー。あの時計のような不思議なカタチの花と全草を干したものです。
これは人に差し上げておすすめすることも多いので、ティーバッグで購入しています。

チャボトケイソウという可愛い和名のついたこのハーブには優れた鎮静作用があり、取り立てて理由もないのに神経が休まらないと感じたり、眠れない夜や大きな不安を抱えて気持ちが休まらない時、取りはらえない怒りに支配されそうな時、夏場でも温かいまま飲むのが正統派。
ゆっくりと一杯飲み干す頃には ふっ…とひと息つける、私くらいのお年頃には特にありがたいハーブです。

大航海時代の昔から、スペインを中心に心因性の不整脈や喘息、また注意欠陥多動障害、はては熱傷、痔にいたるまで伝統療法として用いられてきた由緒あるナチュラル・トランキライザーに、最近お気に入りの菊花茶を加えて、一昨日からちょっと痛くなってきた口内炎も治してしまいましょう。

ドライデーツにくるみを挟んだお夜食もね。
充分甘くてホッとします。