”エクオール”作れますか?

2020/06/08

 

エクオールは、大豆イソフラボンのひとつダイゼインが腸内細菌の代謝によって作り出す物質で、女性ホルモンの減少による更年期症状、コラーゲンや骨密度の低下から起こる筋骨の不具合、PMS、生活習慣病、認知障害にまで働くいわば若返り物質ですが、
「大豆食品を努めて摂っているのに効果が上がらない…」と感じている方も多いのが事実。
それもそのはず、エクオールを作る腸内細菌を持っている人は日本女性で全体の約5割…2人に1人は大豆を食べてもタンパク質として吸収されるのが関の山と言う研究報告が上がってきました。

ならばエクオールを作れる腸内フローラを育てましょう。
本日のおすすめは舞茸と牛蒡のポタージュです
レシピは簡単。舞茸とゴボウをたっぷりメインに風味の玉ねぎ、なめらかな舌触りにジャガイモをそれぞれバサバサと刻んで好みの油で炒めたあとひたひたのお湯を加えて柔らかくなるまで15〜20分加熱して火を止め冷めるまで放置したら、ミキサーでペーストにして使う分だけを豆乳でのばし、塩胡椒でととのえるだけ。

たくさん作ったペーストは冷蔵庫や冷凍庫で保存できますから、毎日1杯、少しずつ味付けのアレンジを加えながら1週間続けてみてはいかがでしょう?