健やかに体重を落とす秘薬

2020/06/15

 

先週、眠気覚ましの早朝散歩の際、さつきの生垣から勢いよく飛び出して立派な葉を繁らせた桑の若枝があまりに綺麗だったので少し分けていただきました。

天日に丸一日干しパリパリになったら密封保存します。
それを2枚ほど、手のひらでクシュっと砕いて熱湯を注ぎ待つこと5分…マルベリーティーの出来上がりです。

運動をしているのにサイズが下がらない、食事制限をしているようでいて実は無意識に効率のよいカロリー摂取をしてしまうことが多い食いしん坊さんタイプ、忙しい人にありがちな早食い、まとめ食い…全て私もよく陥る罠ですが、単純に太ること以上に怖いのは生活習慣病を引き寄せてしまうことだと思います。

食物の過剰摂取は疲れたり大きなストレスを抱えた脳を慰める行為のひとつで、一度甘やかした脳は糖を与えれば与えるほど欲しがるようになります。本来ならそちらを解消したいところですがオトナの事情はそううまく運びませんね。
ならば、
余計に食べてしまったもの(特に糖類)が出来るだけ脂肪にならない準備くらいはしたいもの。

桑の葉には、食べた糖類の分解吸収を促すα-グルコシダーゼの働きを阻害し血糖値の急激な上昇を抑えるDNJ(デオキシノジリマイシン)という物質が多く含まれているため、古くから糖尿病などにも処方されてきました。

錠剤のサプリなども市販されていますが、食前30分くらいにマルベリーティーを一杯飲むだけでも本当に違うので、騙されたと思って一同お試しください^ ^