心に効くハーブ

2020/01/19

 

お昼までの晴天は雲に覆われてきました。

いいこともたくさんあるのに、なぜだか思い出したくもないひと言に意識が傾いてしまうことって、どなたにも経験があるのではないでしょうか?

今日は、心に効くハーブの手助けをもらいましょう。
イガイガとした心を鎮めリラックスさせてくれるパッションフラワーと、鬱々と落ち込む心に陽の光のような元気と活力をくれるセントジョンズワート。
ふたつの効能は真逆のようにも見えますが、ハーブなら合わせて使うことができます。

鉄観音茶をベースにこの2種類と、脳を健やかに活性するペパーミントと普段使いの抗ウィルス剤エキナセアは香り付けも兼ねて加えてみます。
熱湯を注ぎ7分ほど待ったらブレンドティーの出来上がりです。保温ポットに作り置き、好きなタイミングで1日かけて飲み切ります。

さぁ、穏やかにサクサクとノルマを片付けて、明日はまた1週間の始まりです(^^)

 

※セントジョンズワートとの併用に注意が必要な医薬品があります。
インジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心剤)、シクロスポリン(免疫抑制剤)、テオフィリン(気管支拡張剤)、ワルファリン(血液凝固防止薬)、経口避妊薬