温泉卵をスープジャーで作る

2020/04/05

 

生卵の入ったお湯の温度は65℃、蓋をしめて20分も放置すれば出来上がり!

完全食と言われる卵に特に豊富に含まれるビタミンDは、カルシフェロールとも呼ばれる脂溶性ビタミンの一種で、カルシウムの吸収や骨の石灰化等に関わる大切な栄養素です。
キノコ類や魚類、その肝臓にも多く含まれる他、日光浴(紫外線を浴びる事)でコレステロールから体内で合成する事もできますが、家で過ごす時間が増えてビタミンDが不足すればカルシウム吸収量が減少して小児のくる病、成人の骨軟化症、骨粗しょう症等のリスクにつながってしまいます。

恒常的に出荷量が安定していて他のタンパク質食品より保存期間も長くお値段もお手頃な鶏卵、調理の工夫で上手に活用したいですね。
ただし、
食べすぎは高カルシウム血症、腎障害、軟組織の石灰化障害等を引き起こすのでほどほどに^ ^