精油のちから

2020/02/28

 

疫病の猛威に日本中の学校が休校へと足並みをそろえようとしています。
息子の通う高校でも4日間の期末テストが終わり次第、20日間の自宅学習期間を設けると本日アナウンスされました。
今はネットを利用した自主学習など手段も多様化してはいますが、自分を律してひとりで机に向かうのはきっと簡単なことではない気がします。

こんな時は、必要な神経に直接働きかける精油の効果にきっかけを作ってもらいましょう。

交感神経に働きかけ計算などの集中した作業効率を上げるローズマリー、圧倒的な眠気覚まし効果のペパーミントに、緊張感を和らげるレモンを試験対策に加えて。
自宅学習に入ったらレモンは同じ柑橘系の中でもひときわ交感神経を優位に保ち脳内の情報処理速度を早めるグレープフルーツに切り替えて、ディフューザーやマスクの肌に触れない部分に1〜2滴たらす使い方は、在宅勤務の助けにもなりそう。

精油の素敵なところは、植物が身を守り自力で生きるために備えた抗菌作用をそれぞれにちゃんと持ち合わせていることです。
もちろん、
うがい手洗いの習慣もあわせて、何かと心配事の多いこの時期を少しでも気分よく過ごせますように。