プロフィール


オオモリ ミユキ(大森 美由紀) 


職業: 絵描き・ものつくり

 

1963年2月 東京生まれ 東京育ち。

東京芸術大学美術学部・同大学院工芸科在籍中は、

主に後の人間国宝故 田口善国氏のもとで漆芸を学び

漆芸作家として幾度かのグループ展を経験する一方、KENZOショップの壁画制作との出会いをきっかけに、商業美術家としてのフィールドを広げ現在に至る。

 

大学院在籍時に  個人工房《アール・コロール(Art Couleur)》を設立し

小さなポストカードから店舗の内・外壁、飛行機の中、 衣服、ボディー、

あらゆるものをキャンバスに、

イラスト、純粋美術、ロゴ、サイン等グラフィック、キャラクター、テキスタイルなどのデザイン・制作に於いて

KENZO、JAL、GOLDWIN(スキーウエア)、ブリジストン(ゴルフウエア)等の 企画にたずさわる傍ら、個人の制作を継続する。

 

 

作るということ

夢の中でよく空を飛ぶ子供でした。
道ばたのきれいな石や小さな虫、草花、夕映えや風の色、言葉の魔法
涙や笑顔の力…
この世界のそこかしこに宿る命との対話を愉しみ描き留めるうちに
いつしか絵を描き物をつくる事が日常になっていました。

それはやがて私の仕事となり、人との対話を通して誰かの想いをそれぞれのカタチにする経験を重ねるうち、
筆はカラダの一部になって 呼吸するように絵を描く自分に気付きました。

物をつくる事は私にとって 対話でありその理解の確認であり、また祈りであり 
これまでの道程で学んだ愛そのものでもあり、そして生涯醒めることのない夢の続きでもあります。

私の作品から、胸に抱く夢の鼓動を共に感じていただけたなら とても幸せです。

 

 

 

Miyuki Oomori

 

- No genre -

- The multiple personality artist -

- Free transforming artist -

 

Self introduction 

Born and grew up in Tokyo. I learned in Tokyo University of the Arts(TUA), and met present work.
I am a commercial painter who doesn't choose drawn place at the Real-Life.

Also living in a metaverse called SecondLife.In this world I am creating Tattoo, with being wrapped myself by love and music.

 

Work introduction 
In nature of this work that a client is the leading part,the works which didn't have consistency like this were completed as a result of inquiring into the technique and material which met a drawn place and client's hope.Each of that work is the Reminder of the communication which made it mature in my world through the client's intention.

Feelings to Make something

while I spent half of the time of the life to drawing a picture,I came to draw a picture as I breathed,
All of people have the mind of feeling.I became a person who told it by chance. However, It is the interesting point of the art that can't exist without a receiver.
The moment it is very happy, It feels that the colorful light of Art is turned on in the dialog with the person who enjoys that work which a Artist concentrated skill on.